ニュース ライブスコア

エジル、マドリー移籍はまもなく決定か

『マルカ』『アス』といったスペイン・マドリッドのスポーツ紙は、ドイツ代表MFメスト・エジルがブレーメンとその去就について話し合ったと報じた。

ブレーメンの17日午後の練習は現地時間15時30分から開始される予定だったが、エジルは2時間前に到着し、クラブオフィスに直行した。20分後にオフィスから出ると、「何も言うことはできない。僕の決定を尊重してくれ」というコメントを伝えたようだ。『マルカ』は、エジルがそのまま自宅に戻り、午後の練習には参加しない模様だと記している。

マドリーは、移籍金1400万ユーロでの最終オファーをブレーメンに提示する用意があると報じられている。だが、ブレーメンのクラウス・アロフスSD(スポーツディレクター)はエジル放出を断固拒否する構えを貫いており、マドリーが今夏に獲得を実現させるのは困難と見られていた。

今回のエジルの動きは、ブレーメンに直にマドリー移籍を懇願したという見方が強いが…。マドリー移籍騒動の結末は、まもなく明らかになりそうだ。