ソシエダがウルグアイ人FW獲得

ウルグアイリーグを代表する点取り屋の一人
15日、レアル・ソシエダがFWディエゴ・イフラン獲得(23)について、ウルグアイのダヌービオと合意に至ったと発表した。契約期間は5年となる模様。

ラ・レアル(ソシエダの愛称)はマルティン・ラサルテ監督の同胞であるウルグアイ人獲得に成功した。ソシエダはダヌービオと同選手の所有権を持つフェニックスに、移籍金として80万ユーロずつを支払うことになる。

イフランはウルグアイリーグを代表する点取り屋の一人で、ここ3シーズンで39ゴールを獲得している。だが4月にひざを手術したことによって、ソシエダ加入後もリハビリを続けなくてはならないようだ。