バルサがアドリアーノ・Cを獲得

念願のサイドバックを確保
バルセロナがDFアドリアーノ・コレイア(25)獲得に関して、セビージャと基本的合意に至ったと発表した。契約期間は4年で、移籍金は950万ユーロとなるようだ。

アーセナルMFセスク・ファブレガスの獲得に執着しているとされたバルセロナだったが、同クラブのジョゼップ・グアルディオラ監督は、他の選手の補強にも力を入れていたようだ。

アドリアーノ・Cは、グアルディオラ監督が望んでいたユーティリティー性の高い選手だ。両サイドバック、さらにはボランチとしてプレーすることができる。バルセロナは以前から懸念していた、サイドバックの層の薄さを克服したと言えるだろう。

セビージャのホセ・マリア・デル・ニド会長は「交渉はほぼ終了した。バルセロナとセビージャは先週の土曜日から交渉を始め、基本的合意に至った」とアドリアーノ・Cの移籍を認めた。また「とてもシンプルな条件で1350万ユーロまで上昇する」と、バルセロナがさらなる移籍金を支払う可能性があることも明かしている。