R・ナダル:「少年のように泣いた」

国全体でチームを誇りに
テニス界のスーパースターであるラファエル・ナダルが、11日に行われたワールドカップ決勝でスペインがオランダに勝利する姿を見て、少年のように泣いて喜んだと明らかにしている。

4大大会で8度の優勝経験を持つナダルはフットボールの熱狂的ファンでもあり、彼の故郷にあるクラブ、マジョルカの大株主になっている。準々決勝、準決勝の2試合はマジョルカで観戦していたようだ。

決勝戦をヨハネスブルクのサッカーシティ・スタジアムで観戦していたナダルは、試合後に少なくとも12カ月間はこの勝利を祝わなければならないと話している。

「少年のように泣いたよ」と彼は、スペイン『マルカ』に語った。

「1年間はこれを祝わなければいけない。これは信じられないことだからね。この偉業を繰り返すことは非常に難しいよ」

「家ではクレイジーになるだろうね。マジョルカで準決勝を見て、素晴らしいと感じていた」

「国全体がチームを誇りに思わなければいけない」