バルサもディ・マリア獲得へ?

ベンフィカに問い合わせたと『レコルド』が報じる
ポルトガル『レコルド』は、バルセロナがベンフィカFWアンヘル・ディ・マリアの獲得に興味を持っていると報じた。ディ・マリアはバルセロナのライバルであるレアル・マドリーのターゲットとなっている選手だ。

『レコルド』は、バルセロナがディ・マリアの状況についてベンフィカに問い合わせたと記した。ジョゼップ・グアルディオラ監督は今夏の移籍市場でバレンシアMFフアン・マタ、アーセナルFWロビン・ファン・ペルシなどサイドの選手の獲得を狙っており、その候補の中にディ・マリアも含まれているとのことだ。

またディ・マリアとアルゼンチン代表でチームメートのFWリオネル・メッシも、クラブで一緒にプレーすることを望んでいるという。

マドリーはジョゼ・モウリーニョ監督が獲得を望むディ・マリアのために、移籍金3000万ユーロとDFエゼキエル・ガライの譲渡というオファーをベンフィカに出したとされる。バルセロナはその状況を踏まえて、ディ・マリア獲得が実現可能かどうかを吟味しているようだ。

バルセロナは本当にディ・マリア獲得の意思があるのだろうか。もしかするとモウリーニョ監督に対する嫌がらせなのかもしれない…。