ペジェグリーニ:「マドリーでは長く続かない」

解任された指揮官が苦言
マヌエル・ペジェグリーニ監督を解任し、ジョゼ・モウリーニョ監督の招へいを決めたレアル・マドリー。勝ち点96を獲得しながら、バルセロナとのリーグタイトル争いに敗れ、無冠に終わったペジェグリーニ監督は、わずか1年でクラブを去ることになった。

そのペジェグリーニ監督は、マドリーでは指揮官が長く続けることができないと話している。モウリーニョ監督に対する“アドバイス”ということになるのだろうか…?

「私の意識はしっかりしているよ。マドリーでは監督が長続きしないのは分かっていた。彼らがずっと以前から犯している過ちだ。修正することを願っているよ」

「いずれにしても、マドリーを指揮できたのは、夢が実現したようなものだった。私は過去に戻っても同じ選択をするだろう。グループは常に私についてきてくれた。ただ、あそこがどういうところかは、知られているとおりだ」