イブラヒモビッチ代理人:「彼はバルサで幸せ」

退団の噂を一蹴
FWダビド・ビジャが加入したことで、今夏の移籍市場でのバルセロナ退団が噂されているFWズラタン・イブラヒモビッチ。だが、代理人であるミノ・ライオラ氏は、同選手がバルセロナで満足しており、退団の可能性はないと話している。

「イブラヒモビッチはバルサがキャリア最後の試合になると考えたことはない。彼はモウリーニョのような男なんだ。もしバルサですべてを勝ち取ることができたら、新たな挑戦が必要となるだろうね」

「イングランドのフットボールは彼にとって興味深いものだろう。だが、彼の将来はバルサに依存する。現在、彼はバルサの選手なんだ」

「プレスはマンチェスター・シティ、ユヴェントス、レアル・マドリーに移籍すると騒いでいる。だが、ラポルタはイブラヒモビッチが売りに出されていないと言った」

「イブラヒモビッチはバルサで幸せなんだ。確かにシーズンの終盤は出場していなかったが、彼は22ゴールを決めた。バルサ加入1年目は十分ポジティブなものだったんだ」