バルサ、セスク獲得失敗の場合の“プランB”とは?

シルバに狙いを定める
MFセスク・ファブレガス獲得を狙っているバルセロナは、アーセナルとの交渉が失敗に終わった場合の“プランB”を用意しているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じた。

セスクがアーセン・ヴェンゲル監督にバルセロナへの移籍願望を伝えたことにより、両クラブの合意は秒読みともされていた。だが、ここにきて交渉は難航。今夏の市場ですでにFWダビド・ビジャを獲得しているバルセロナは、セスクに支払える移籍金を3500万ユーロまでとしているが、アーセナルが4500万ユーロを要求しているためだ。

この状況を受けたバルセロナのジョアン・ラポルタ会長は、セスク獲得が失敗に終わった場合の“プランB”として、バレンシアMFダビド・シルバに狙いを定めたようだ。

だが、シルバはレアル・マドリーが獲得を狙っており、マドリーとバレンシアは合意間近とも報じられている。バルセロナが“プランB”に動くためには、セスク獲得を断念するタイミングを見極めなければならない。