バレンシア、ビジャの後釜にフランス代表FWを検討

ソルダード、ガメイロにも注目
バレンシアFWダビド・ビジャのバルセロナ移籍が取りざたされている。移籍金4000万ユーロで合意に近づいていると報じられており、バレンシアはビジャの後釜の確保へ動き出しているようだ。

スペイン『スーペル・デポルテ』によると、バレンシアはトゥールーズFWアンドレ=ピエール・ジニャック獲得に動くことを検討している模様だ。ウナイ・エメリ監督が同選手を高く評価しているようで、選手もより大きいクラブへステップアップする覚悟ができているとみられている。

ただビジャの後釜候補はジニャック一人ではない。報道では、ヘタフェFWロベルト・ソルダード、ロリアンFWケヴィン・ガメイロへの関心も伝えられている。