ビジャレアル、バルベルデを解任

最近の不調を受け、ついに決断
31日のリーガエスパニョーラ第20節、ホームでのオサスナ戦に0-2で敗れたビジャレアルは、エルネスト・バルベルデ監督(45)の解任を発表した。

ビジャレアルは公式サイトで、「ビジャレアルは、エル・マドリガルでのオサスナ戦の敗戦を受けて、エルネスト・バルベルデとの契約を打ち切りました。クラブは新たな監督を探し、契約することになります」という声明を伝えている。

第8節まで勝ち星を挙げることができなかったバルベルデ監督率いるビジャレアルは、その後の8試合で6勝するなど上昇気流に乗ったが、ここ最近の5試合の成績は1勝2分け2敗と、再び調子を落としていた。

バルベルデ監督はレアル・マドリーに移ったマヌエル・ペジェグリーニ監督に代わり、今季からビジャレアルを率いていた。