ニュース ライブスコア

バルサ、ブルーノ・アウベスへの興味が再燃?

バルセロナが、ポルトDFブルーノ・アウベスに対する関心を再燃させているようだ。ポルトガル『ア・ボラ』が伝えている。

ブルーノ・アウベス側は、今夏にヨーロッパのトップへ移籍するとコメントしていた。しかし、バルセロナが提示した3000万ユーロのオファーではポルトが納得せず、交渉は先に進んでいなかったようだ。

それでも、『ア・ボラ』によると、グアルディオラ監督がブルーノ・アウベス獲得を諦めておらず、さらに交渉を重ねるつもりのようだ。

これまでセンターバック補強の一番手と言われていたシャフタール・ドネツクのドミトロ・チグリンスキーは、CL予備予選3回戦に出場したため、他のクラブでは同大会の登録メンバーに入れることができない。

これは、チグリンスキーに対する他クラブの関心が薄れたからとも考えられる。そうなると、バルセロナがブルーノ・アウベスへの興味を強めていても不思議はないだろう。