マドリー、ダゴスティーノへの関心認める

ウディネーゼ:「彼は2500万ユーロ」
ユヴェントスへの移籍が成立しなかったウディネーゼMFガエターノ・ダゴスティーノに、レアル・マドリーが関心を示している。イタリアとスペインのメディアがニュースを報じた10日、マドリーのパルデサSD(スポーツ・ディレクター)がスペイン『マルカ』に対し、次のように同選手への興味を認めている。

「ダゴスティーノが我々のチームを助けてくれる特徴を持った選手であることは否定できない。彼はマーケットに出ているし、我々に手を貸してくれるかもしれないね」

一方、ウディネーゼのポッツォ会長も同日、イタリア『スカイ』や『スポーツ・メディアセット』に対し、マドリーとコンタクトがあることを認めた。

「マドリーがダゴスティーノに関心を抱いていることは認める。交渉していて、近いうちに会談する予定だ。いずれにしても、彼の値段はユヴェントスに対して示したのと同じ2500万ユーロだよ。ただ、マドリーの一部選手とトレードという可能性も考えられるだろう」

また、イタリアとスペインの橋渡し役を務めるブロンゼッティ代理人は、自らのブログの中で、「交渉は今日(10日)にもまとまるかもしれない。(マドリーがダゴスティーノを獲得すれば)間違いなくウディネーゼのイメージにとって大きなことだろう」と明かしている。スペインのメディアは、2500万ユーロという移籍金は現実的ではないと見ているようだが…。