エスパニョール、ベン・サハルを獲得

チェルシーから4年契約で

エスパニョールは22日、チェルシーからFWベン・サハルを獲得したことを発表した。契約期間は4年。

ベン・サハルは2006年にチェルシーへ加入したものの、その後は各クラブへのレンタル生活を余儀なくされ、昨シーズンの後半戦はオランダのデ・フラーフスハップでプレーしていた。エスパニョールによると、アヤックスが同選手に関心を示したようだが、本人がリーガ挑戦を望んだという。

すでにイスラエル代表として15試合に出場している同選手だが、まだ19歳と若いことから、今後の成長が期待される。エスパニョールは日本代表MF中村俊輔の獲得も事実上決まっており、マウリシオ・ポチェッティーノ監督は新戦力に期待しているだろう。