フィーゴ:「マドリーがすぐに優勝できるわけじゃない」

イブラヒモビッチの去就についてもコメント
レアル・マドリーの会長に就任したペレス氏は、ミランからMFカカーを獲得し、マンチェスター・ユナイテッドからMFクリスティアーノ・ロナウドの獲得に迫っているところだ。

だが、かつてレアル・マドリーで活躍したルイス・フィーゴは、スペイン『ラジオ・マルカ』のインタビューで、「レアル・マドリーはクラブの哲学を追及し、補強を進めている。だからと言って、すぐに優勝できると決まったわけではない」とコメント。大型補強をした直後の成功を確信するべきではないと古巣に警告している。

一方で、スペイン移籍がささやかれるインテルFWイブラヒモビッチだが、フィーゴは選手本人の下す決定を変えることができないと主張している。

「今のところインテルに残ると思う。でも、決断するのが選手であるのは当然だし、残留したくなければ誰も引き止めることはできない」