ニュース ライブスコア

ラポルタ会長:「エトー残留を望んでいる」

バルセロナに所属するFWサミュエル・エトーは、来年に契約満了を迎えることから今夏の移籍が噂されている。最近ではマンチェスター・シティが関心を強めていると言われるほか、インテルFWイブラヒモビッチの獲得に向けたトレード要員に用いられるという話も伝えられているところだ。

しかし、バルセロナのラポルタ会長は、あくまでエトーの残留を優先に考えていると強調。記者会見のなかで次のように語っている。

「テクニカル・ディレクター(ベギリスタイン)とエトーの代理人は、選手がチームに留まる道を探るために会談をした。それは我々が望むことだね。彼は世界最高のセンターフォワードだよ」

「彼は他の選手たちとともに素晴らしいパフォーマンスをみせて、バルセロナに大きなものを与えたね。前でいえばロナウジーニョと、いまではメッシやシャビ、イニエスタらからいいボールを引き出している」

「大事なときにはいつもゴールを決めていた。私は2度のCL決勝、パリとローマで彼がゴールを挙げたのを覚えているよ。いつもエトーには感謝しているんだ」