グティがクラブの歴史に名を残す

5000得点目をマーク

レアル・マドリーのMFグティが4-3で勝利した14日のヌマンシア戦で、クラブの通算5000得点目を記録。レアル・マドリーの歴史にその名前を残した。

 

これまで、クラブの初得点を記録したモレラ以降、レオンシート(100得点目)、アルダイ(500点目)、パイーニョ(1000得点目)、ヘント(2000得点目)、フアニート(3000得点目)、サモラーノ(4000得点目)、ラウール(4500得点目)といった選手が節目となるゴールを決めている。

 

試合後、インタビューに応じたグティは次のような見解を示した。「このゴールを僕の家族に捧げたいと思う。ゴールを決めるのは常に特別なものであり、5000得点目を記録できたことは嬉しいよ。ただ、もっとも重要なのはチームが勝利することなんだ。僕らの目的はファンの前でヌマンシアに勝利することだったからね」