バレンシア、アスカルゴルタSDの就任が決定

クラブのHPで公式発表

バレンシアは14日、ビジャロンガ最高責任者が顧問に迎えたジャビエル・アスカルゴルタ氏を、スポーツ・ディレクター(SD)に任命したことを、オフィシャルHP上で公式発表した。これにより、アスカルゴルタSDはテクニカル・ディレクター(TD)のファン・サンチェス氏の上位に位置することとなる。

 

ファン・サンチェスTDは、08-09シーズンのバレンシアの計画を立てるうえでの最高責任者だったが、ビジャロンガ体制になってからその立場は大きく変わった。これからは、アスカルゴルタSDの部下の1人でしかなくなる。

 

54歳のアスカルゴルタSDは、スペインの4クラブとメキシコ、日本で監督を務めたほか、ボリビアとチリでも代表監督の経験がある。また、スカウト部門やスタッフ指導など、サッカーの世界では幅広い活躍を見せてきた。

 

しかし、今回の決定はアラゴネスの監督要請と含め、ビジャロンガ氏の独断だという批判の声も上がっている。