ファン・ハール:「クライフを一生許さない」

バルサ指揮官時代に受けた批判を根に持つ
バイエルン・ミュンヘンを率いるルイス・ファン・ハール監督が、オランダ『カレッジ・ツアー』のインタビューでバルセロナのご意見番であるヨハン・クライフ氏を批判している。

ファン・ハール監督はバルセロナを率いていた頃に、クライフ氏から批判を受けたことを根に持っているようだ。

「クライフを一生許さない。私はバルサで素晴らしい仕事をしようと試みた。しかしクライフは私を挫折させようとしたんだ」

「クライフは毎週のように私を批判した。本当に様々なことを言われたよ。しかし、彼の言葉は無責任なものだった」

「彼はバルセロナのアイコンだ。バイエルンで言えば現会長のウリ・ヘーネスのようなね。ファンは彼らアイコンの言葉を信じてしまうんだよ」

ファン・ハール監督は1997~00年、2002~03年の2回にわたってバルセロナを率いた。1回目の時期にはリーガエスパニョーラ優勝を2度達成し、コパ・デル・レイも勝ち獲った。