マン・オブ・ザ・マッチ選出の18歳レナト・サンチェス、PKは「自信があった」

同点弾を挙げてPKも成功

ポルトガル代表は6月30日に行われたユーロ2016準々決勝でポーランドを下した。マン・オブ・ザ・マッチに選ばれたMFレナト・サンチェスは、PKキッカーという大役を恐れることはなかったという。

立ち上がりに先制を許したポルトガルは、18歳のレナト・サンチェスが33分に同点弾を決めた。その後はどちらも得点がなく、試合は延長戦を終えてPK戦に突入。レナト・サンチェスは2番目を任されて成功し、勝ち上がりに貢献している。

試合後のレナト・サンチェスが、このように話した。

「今はうまくいっている。僕たちはピッチでベストを尽くした。批判は僕たちを強くするだけだったね」

「(PKキッカーを)決めたのは監督だ。クリスティアーノが最初だった。僕は2番目だったね。自信があったよ」

ポルトガルは準決勝でウェールズ対ベルギーの勝者と対戦する。