発煙筒投下のクロアチア、失格免れる 約1200万円の罰金処分

チェコ戦での一部サポーターによる騒動は高額罰金という結論に

UEFAは20日、ユーロ2016グループD第2節のチェコ戦で、観客が発炎筒を投げ込むなどトラブルを起こしたクロアチアに対し、10万ユーロ(約1180万円)の罰金処分を科した。懸念された失格処分は免れた形だ。

クロアチアサポーターは17日のチェコ戦で、チームが2-1とリードしていた終盤、発煙筒や爆竹を投げ入れたことで試合中断を招いた。クロアチアは再開後に失点し、2-2のドローで試合を終えている。

予選からサポーターの人種差別行為で勝ち点はく奪の処分を受けていたクロアチアだけに、MFイヴァン・ラキティッチが失格となることへの懸念を口にするなど、厳罰処分が予想されていた。

だが、20日にこの問題を検討したUEFA管理・倫理・規律委員会は、10万ユーロの罰金を科すことに決定。失格処分には至らなかった。

なおUEFAは、19日に行われたグループA最終節、ルーマニア対アルバニアの一戦についても、両国サッカー連盟に対する処分を科す予定と発表した。ともに発炎筒の使用や物の投げ込みが対象。アルバニアは観客のピッチ乱入も処分対象となっている。