ニュース ライブスコア

監督交代のロシアが勝利、イブラ途中交代のスウェーデンを下して2位争い激化

5日に行われたEURO2016予選グループG第7節、ロシア対スウェーデンの一戦は、1-0でホームのロシアが勝利した。

カペッロ前監督が去り、CSKAモスクワを率いるスルツキ監督が兼任することとなったロシアが、EURO予選突破に向けて生き残った。

序盤からチャンスをつくっていたロシアは、38分に均衡を破る。うまくパスをつなぎ、最後はシロコフの巧みなヒールパスを受けてスモルニコフがペナルティーエリア内へ。この折り返しを、中央のジュバが決めて先制する。

負傷した様子のイブラヒモビッチをハーフタイムに下げたスウェーデンは、後半の立ち上がりにロングフィードからフォルスベリがチャンスを迎えるが、飛び出したアキンフェエフに止められる。

ロシアは82分、スルーパスに反応したココリンのシュートが追加点につながるかと思われたが、ギリギリのところでDFにクリアされ、2点目を奪えない。

だが、ロシアはその後のピンチもアキンフェエフのセーブで乗り切る。アディショナルタイムの決定的な場面も守護神のファインセーブでしのぎ、新体制初戦で貴重な勝ち点3を手に入れた。

グループGのそのほかの試合では、首位オーストリアがモルドバにホームで1-0と勝利。勝ち点を19とし、本大会出場に大きく近づいた。勝ち点12の2位スウェーデンと同11の3位ロシアによる残る一枠の争いに注目が集まる。

モンテネグロはヨベティッチらのゴールでリヒテンシュタインにホームで2-0と勝利。勝ち点8で4位につけている。