ペドロ、スペイン代表での役割に不満…「グループの一員になるだけなら、代表にいる意味ない」

出場機会を求める

スペイン代表FWペドロ・ロドリゲスが、同チームにおける自身の役割について不満を漏らした。

現在開催中のユーロ2016では、グループD第1節チェコ戦で8分間ピッチに立ったのみと、ほとんど出番のないペドロ。この現状に納得がいかない様子だ。

スペイン代表のスポンサーである『モビスタール』とのインタビューに応じたペドロは、現在のような状況が続くのであれば、代表チームに参加する意味はないとの見解を示した。

「ここにやって来たときには、現在のような状況など望んでいなかった。今の役割を受け入れ続けるのは、自分にとって難しい」

「継続してプレーできず、グループの一員となるため、チームメートと一緒となるためだけに代表チームに来るのは、僕にとって困難なことだ。快適に過ごせているとしてもね」