プスカシュ賞はイブラのオーバーヘッドに

25メートルの位置から豪快に決める
13日にスイスのチューリッヒでFIFAバロンドール授賞式が行われ、年間最優秀ゴール賞であるプスカシュ賞にはパリ・サンジェルマンに所属するスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチのゴールが選ばれた。

イブラヒモビッチは、昨年11月にスウェーデン代表として臨んだ国際親善試合イングランド戦でスーパーゴールを記録。ゴール前25メートルの位置からバイシクルシュートを放ち、緩やかな曲線を描いたボールがそのまま枠内に収まった。

同賞の最終候補にはイブラヒモビッチのゴールのほか、バルセロナのブラジル代表FWネイマール、ベンフィカのセルビア代表MFネマニャ・マティッチが記録したゴールが選出されていた。ネイマールは6月のコンフェデレーションズカップ・日本戦で決めた右足でのボレーシュート、マティッチは1月のポルト戦で披露した元フランス代表MFジネディーヌ・ジダン氏を彷彿させる左足ボレーが候補に入っていた。