パッラディーノ、ジェノアに満足

「感情的になった」

13日に行われたセリエA第12節、ユヴェントス対ジェノアの試合は4-1でユヴェントスが勝利を収めた。

 

試合後、昨シーズンまでユヴェントスに在籍していたジェノアのイタリア人FWラファエル・パッラディーノが、ジェノアに移籍した自身の選択に間違いはなかったとコメントしている。

 

「トリノを去ることになった時、僕の今後の活躍を願ってくれた多くの人と会うことが出来て、感情的になったよ」

 

「でも、ジェノアに来たことを後悔していない。ジェノアで上手くプレー出来ているからね。僕は試合に出場する必要があったんだ。ここで自身の価値を証明しなければいけないんだよ」