FIFA、W杯最優秀選手候補の10名を発表

決勝進出の2チームから7名
FIFAは11日、ワールドカップ(W杯)の大会最優秀選手候補10名を発表した。また、最優秀GK候補、若手最優秀選手候補の3名もあわせて発表している。

最優秀選手賞「ゴールデンボール」の候補には、決勝に進出したドイツから4選手、アルゼンチンから3選手が選出された。受賞者は13日の決勝戦後に発表される。ノミネートされたのは以下の10名。

アンヘル・ディ・マリア(アルゼンチン)
マッツ・フンメルス(ドイツ)
ハメス・ロドリゲス(コロンビア)
トニ・クロース(ドイツ)
フィリップ・ラーム(ドイツ)
ハビエル・マスチェラーノ(アルゼンチン)
リオネル・メッシ(アルゼンチン)
トーマス・ミュラー(ドイツ)
アリエン・ロッベン(オランダ)
ネイマール(ブラジル)

一方、最優秀GK賞「ゴールデングローブ」の候補には、こちらの3名がノミネートされている。

ケイロル・ナバス(コスタリカ)
マヌエル・ノイアー(ドイツ)
セルヒオ・ロメロ(アルゼンチン)

また、1993年1月1日生まれ以降の選手が対象となる最優秀若手賞「ヤング・プレーヤー・アワード」にノミネートされたのは、以下の3名だ。

ポール・ポグバ(フランス)
メンフィス・デパイ(オランダ)
ラファエル・ヴァラン(フランス)