準々決勝での先発起用を喜ぶマイコン

「監督が信頼してくれた」
ブラジル代表は4日、ワールドカップ(W杯)準々決勝でコロンビア代表と対戦し、2-1と勝利を収めた。先発出場したDFマイコンは、ルイス・フェリペ・スコラーリ監督の信頼を喜んでいる。

ここまで4戦全勝でMFハメス・ロドリゲスが絶好調だったコロンビアとの一戦、スコラーリ監督はDFダニエウ・アウベスではなくマイコンを先発起用した。フル出場した同選手は、試合後に『フォックス・スポーツ』で次のように話している。

「監督は僕の仕事を信頼してくれて、このチャンスを与えてくれた。それに報いることができたことを願っている。でも、優先すべきは次のラウンドに進むことだった。それを達成できてうれしいよ」

「代表ではポジションが保証されることはない。僕らは監督の決定を待つ。僕らのどちらがドイツ戦でベストの選択肢か、監督がきめるだろう」