カメルーン、W杯ボーナス巡りブラジル行きを拒否

『レキップ』が伝える
カメルーン代表の選手たちが、ブラジル・ワールドカップ(W杯)出場のボーナスを巡るトラブルで、ブラジル行きを拒否しているようだ。フランス『レキップ』が伝えた。

8日にカメルーンの首都ヤウンデからブラジルに飛ぶ予定であった同国代表チームだが、カメルーンサッカー連盟の提示するボーナスが希望に満たない額であることから、選手たちは飛行機への搭乗を取り止めたという。

カメルーン代表は、2002年日韓W杯でも取り決めていたボーナス額が支払われなかったとして、サッカー連盟との対立が生じていた。