ニュース ライブスコア

メッシと再戦のナイジェリアGK 「彼との勝負じゃない」

ナイジェリア代表は25日、ワールドカップ(W杯)・グループF最終節でアルゼンチン代表と対戦する。GKヴィンセント・エニェアマは、4年前も対戦したFWリオネル・メッシと自身の勝負ではないと語った。

2010年大会のグループステージでもアルゼンチンと対戦し、0-1と敗れたナイジェリア。このときゴールマウスを守ったエニェアマは、敗れはしたものの、メッシ相手にファインセーブを見せてゴールを許さなかった。そのエニェアマは前日会見で、次のように話している。

「恐れることはない。メッシは世界最高の選手の一人だけどね。彼と僕の勝負じゃない。これはナイジェリア対アルゼンチンだ」

「前回対戦したときから、彼は大きな進歩を遂げた。でも、これは僕と彼の試合じゃない。アルゼンチンにはほかにも、(セルヒオ・)アグエロや(アンヘル・)ディ・マリアといった選手たちがいる」

また、ステファン・ケシ監督は、24日に27歳の誕生日を迎えたメッシについて、次のように話している。

「チームと私から、メッシにハッピーバースデーと言いたい。彼が健康でいて、長生きできることを願っているよ。試合後にお祝いするさ。メッシを止める方法? それがあるなら、それは選手たちやコーチと話すよ」

ドローでも決勝トーナメント進出が決まるナイジェリアだが、ケシ監督は「引き分けを狙うと言ったことはない」と話している。