コンフェデ杯で日本と対戦のイタリア 予備招集メンバー発表

3選手が初選出 6月3日に最終メンバー決定
イタリアサッカー連盟は16日、夏に開催されるコンフェデレーションズカップに向け、31名の予備招集メンバーを発表した。3選手が初選出されている。

チェーザレ・プランデッリ監督が今回新たに呼んだのは、カリアリのGKミカエル・アガッツィとFWマルコ・サウ、アタランタMFジャコモ・ボナヴェントゥーラの3名。一方、トリノDFアンジェロ・オグボンナ、フィオレンティーナMFアルベルト・アクイラーニが復帰を果たしている。

ローマFWマッティア・デストロやパリ・サンジェルマン(PSG)のMFマルコ・ヴェッラッティは、欧州選手権を戦うU-21代表に招集。ミランのFWステファン・エル・シャーラウィとDFマッティア・デ・シリオはA代表に含まれている。

イタリア代表はリーグ戦終了後にキャンプを開始し、31日にサンマリノと親善試合をこなしてから、6月3日に最終招集メンバー23名を決定する予定。6月7日にワールドカップ予選のチェコ戦を戦い、15日からコンフェデレーションズカップに臨む。日本とは19日に対戦だ。

今回発表された予備招集メンバーは以下のとおり。

GK
アガッツィ(カリアリ)
ブッフォン(ユヴェントス)
マルケッティ(ラツィオ)
シリグ(PSG)

DF
アバーテ(ミラン)
アントネッリ(ジェノア)
アストーリ(カリアリ)
バルザーリ(ユヴェントス)
ボヌッチ(ユヴェントス)
キエッリーニ(ユヴェントス)
デ・シリオ(ミラン)
マッジョ(ナポリ)
オグボンナ(トリノ)
ラノッキア(インテル)

MF
アクイラーニ(フィオレンティーナ)
ボナヴェントゥーラ(アタランタ)
カンドレーヴァ(ラツィオ)
チェルチ(トリノ)
デ・ロッシ(ローマ)
ディアマンティ(ボローニャ)
ジャッケリーニ(ユヴェントス)
マルキージオ(ユヴェントス)
モントリーヴォ(ミラン)
ピルロ(ユヴェントス)
ポーリ(サンプドリア)

FW
バロテッリ(ミラン)
エル・シャーラウィ(ミラン)
ジラルディーノ(ボローニャ)
ジョヴィンコ(ユヴェントス)
オスバルド(ローマ)
サウ(カリアリ)