ガイジン’s アイ:G大阪サポーターの許されざる愚行

J2降格の決まったチームとともに出直しを
日本人以外のサッカーファンにJリーグの試合の雰囲気について訊ねられると、どう答えるべきかはいつも分かっていた。清水エスパルスの素晴らしい応援のリズムであったり、FC東京のゴール裏の陽気な様子であったり、横浜F・マリノスの赤と白と青のパラソルであったり。公園と神社の間を抜けてNACK5スタジアムに向かった経験や、ほぼ全ての会場に存在する素晴らしい「スタメシ」について語ることもあった。

日本におけるフーリガニズムについて訊ねられることもあるが、こちらはエピソードを挙げるのが少々難しい。浦和レッズのサポーターが槍投げのようにフラッグを投げたり、横浜FCのサポーターが中指を立てた横断幕を掲げたり、鹿島サポーターのフラッグがCKを蹴ろうとする相手選手を妨害したりといったようなものだ。

だが今、日本のサッカー界で最悪なものは何かと誰かに訊ねられたとすれば、その答えを見つけるのは難しいことではなくなってきた。シンプルに「ガンバ大阪」と答えればいい。

うぬぼれと困惑を抱えて始まったG大阪の2012シーズンは、最後まで何も変わらないまま、先週土曜日のジュビロ磐田戦に1-2で敗れてJ2降格が決まるという形で幕を閉じた。呂比須ワグナーを正式な監督に就任させられなかったことに始まり、今野泰幸の獲得に必死になる一方でより必要だったはずのGKの補強を逃すなど、クラブのシーズン序盤の失敗の責任はフロントの力不足にあった。だが、最後の最後に愛するクラブの名前を傷つけたのは、ヤマハスタジアムで4時間半の座り込みを行ったサポーターたち自身だった。

G大阪のサポーターはもちろん過去にも騒動と無縁ではなかった。アウェーのスタジアムを訪れる際の試合前の行進や、その結果としてしばしば生じる小競り合いは悪い意味で有名となった。2008年にはG大阪と浦和のサポーターの間に水風船が投げ込まれたことを発端として観客席で乱闘が発生。その後G大阪サポーターは観客席に数時間閉じ込められたが、スタジアムを取り囲む数千人の浦和サポーターが解散させられたことでようやく解放された。

だが、先週の土曜日にはG大阪サポーターが自らスタジアムに居座り、警備担当者との間でいさかいを起こした。彼らは午後10時を回ってもヤマハスタジアムを去ろうとせず、スタッフや選手たちや、G大阪の金森喜久男社長、さらにはあろうことか磐田の吉野博行社長にまで不快な言葉を浴びせかけていた。

G大阪のサポーターがいかに幼稚な姿を見せていたのかは、降格した他2チームの試合後の様子を見てみるだけでもよく分かった。札幌のサポーターは、日本のトップリーグ史上最弱として記憶されるであろうチームの最後の舞台に応援の姿勢を示すため、大挙して東北電力スタジアムに駆けつけた。神戸のホームズスタジアムでは、広島に0-1で敗れたチームが過去10年間で二度目となる降格を味わったが、サポーターも選手たちも同じように肩を組み、一緒になって歌を歌っていた。

ヨーロッパやその他の地域のサッカーファンも、チームの動向への抗議を込めてデモ行進をしたり応援をボイコットしたりすることはあるが、試合後の居座りはほぼ日本のゴール裏でしか見られないやり方だ。クラブは最後の一人のファンがスタジアムを後にするまでの分の電気代や警備スタッフの人件費を支払わなければならないため、居座りはクラブの経理簿を直撃する。どんなに大きな組織であれそこを攻められると弱いものだ。

だが重要なのは、こういった抗議は通常ホームスタジアムで行われるということだ。ヤマハスタジアムを戦いの場に選んだことによって、ガンバサポーターは少なからず磐田に損害をもたらした。悪名高い前田遼一の呪いを別とすれば、磐田はG大阪の苦境に対して何の責任もないチームだ。3・11以降の日本全国での電力不足も考えれば、厚かましい電気の無駄遣いはますます不快なものに感じられる。

ゴール裏の彼らはガンバファン全体の評判を貶めただけではない。一般的には世界で最も観戦者に優しいとして知られるリーグにおいて、「ビッグクラブ」のサポーター全体の評判をまたしても傷つけてしまった。このレベルのごう慢さを過去に見せたことがあるのは浦和のサポーターだけだが、今年の彼らは1年前に降格すれすれの低迷を味わったことで少しばかりおとなしくなっていたようだ。

G大阪のフロントはかつての誇り高かったクラブを再建するために必要な手段を検討しているだろうが、まず最初にやらなければならないことの一つは、磐田に謝罪の手紙を書き、居座りの結果として発生したコストを負担することだ。それから、スタジアムの入場禁止や社会奉仕活動といった手段を通して、騒動の実際の責任者たちに対処しなければならない(ヤマハスタジアム周辺のゴミ拾いを、自費負担でやらせるのが良いかもしれない)。

さらに、例えば松本山雅やガイナーレ鳥取の本拠地でのアウェーゲームでどう振舞うべきか自信が持てないのであれば、東の大都市のチームであるFC東京に連絡を取って助言を求めてもいいだろう。2010年に衝撃的な降格(この時は、西京極で5時間の座り込みが行われることはなかった)を経験した後、特に騒がしいことで知られるFC東京のサポーターは彼らの置かれた状況を受け入れて楽しみに変え、2011年のシーズンを通して日本国内の隅々までを旅して回った。彼らはJ2で対戦した相手チームの懐を潤わせただけでなく、各地の地元経済や観光地にも好影響をもたらした。1年後、彼らはJ1復帰という形で報われただけでなく、AFCチャンピオンズリーグの出場権も獲得し、また新たな旅の目的地を得ることができた。

J2の新たなシーズンが開幕するまでの時間はほんの3カ月しかない。新たな隣人たちへのあいさつをするため、G大阪は真摯な準備を整えなければならない。今までの隣人たちに残した悪印象よりは、もう少し良い印象をJ2の仲間たちに与えてくれることを願いたい。

文/ダン・オロウィッツ
米国フィラデルフィア出身。Goal.com日本版所属のサッカージャーナリスト。
2006年より東京在J。メールはdan.orlowitz@goal.com、ツイッターアカウントは @aishiterutokyo