元ブラジル代表カカがMLSオーランドを退団「ブラジルに戻るならサンパウロだけ」

MLSオーランド・シティでプレーする元ブラジル代表MFカカが退団を決断した。退団後は「ブラジルに戻るならサンパウロだけ」と古巣でのプレーを熱望している。

MLSオーランド・シティでプレーする元ブラジル代表MFカカが退団を決断した。27日、米国メディア『Fox Sports』が報じている。

カカは2014年6月、当時の所属先ミランと相互合意の上で契約解除。MLSのシーズン開幕までの半年間は古巣のサンパウロでプレーした。2015年にオーランドに加入すると、主将として活躍。オーランドとの契約は来年12月に満了となるが、『Fox Sports』のインタビューで自身の去就について語った。

「今シーズンがオーランドで最後の年になる。将来? まだ何も分からない状態だが、サッカーには関わっていたい」

「ブラジルに戻るとしたら、行き先はサンパウロ以外にない。別のチームでプレーするなんて考えられない」

将来についてはまだ不透明だが、故郷のブラジルに戻った場合は、古巣サンパウロでのプレーを熱望しているようだ。