ネスタがMLSへ モントリオール移籍が決定

「自分が望んでいたところだと確信した」
モントリオール・インパクトは5日、クラブの公式ウェブサイトで、元イタリア代表DFアレッサンドロ・ネスタ(36)を獲得したことを発表した。契約に関する詳細は明らかにされていない。

ネスタは2011-12シーズン終了後、ミランからの退団を発表し、新天地を探していた。先日、Goal.comのインタビューで、アメリカ・MLSへの移籍が難しいことをほのめかしていた同選手だが、最終的にはイタリア人選手を多く擁するモントリオールへ行くことが決定した。

ネスタはクラブの公式ウェブサイトで、次のように話している。

「ここに来ることができて、とてもうれしい。ヨーロッパで続けるオファーもあったけど、僕は新しい挑戦を探していた。MLSでプレーしたかったんだ。友人のマルコ(・ディ・ヴァイオ)に会いに来て、このクラブの素晴らしい人たちと出会った。本当に気に入ったし、モントリオールこそ自分が望んでいたところだと確信したんだ」

スポーツディレクターのニック・デ・サンティス氏も、ネスタ加入に喜びをあらわにしている。

「チームだけじゃなく、クラブにとっても、彼ほど高名な選手を獲得できたのはエキサイティングなことだ。2006年の世界王者であり、世界トップクラスのDFだよ。アレッサンドロはその豊富な経験から、リーダーシップを発揮してくれるだろう。若手の良い模範となってくれるはずだ。彼がいることはクラブ全体の助けとなるだろうね」

また、ジェス・マーシュ監督も次のように満足感を表した。

「彼ほどのタレントあるDFを加えることができたのは、クラブにとって素晴らしい機会だ。彼をメンバーに加えることに、どきどきしているよ。あらゆるレベルで我々を良くしてくれるはずだからね」

なお、ネスタは特定指定選手扱いにはならないと見られている。