ユーロを制したクリスティアーノ・ロナウドが空港の名前に

マデイラ国際空港が名称変更へ

ジョン・F・ケネディ、レオナルド・ダ・ヴィンチ――。歴史に名を残す偉人が、各国で空港の名前に使われている。そんな中、現役サッカー選手の名前が空港に冠されることになるようだ。ポルトガルのマデイラ国際空港が、同国代表FWクリスティアーノ・ロナウドの名前をつけることになる。

C・ロナウドはマデイラ島の出身。小さな島で育った彼は、サッカー界を代表するスーパースターとなり、レアル・マドリーで活躍している。さらに、今年の夏はユーロ2016でポルトガル代表を初の優勝に導いた。

その活躍が認められ、島のシンボルとして認知されることになった。マデイラ島と言えばC・ロナウドが出てくるほどに有名になった地元のヒーローが、今度は空港の名前になる。

これは22日に現地の地方自治体が発表したもの。21日に続いて金曜日の議会でもこのテーマが取り上げられ、承認されたとのことだ。

「クリスティアーノ・ロナウド空港」誕生の暁には、選手に関連した展示などもあるかもしれない。そうなれば、新たな観光客がやってくる可能性もありそうだ。