ポルティモネンセがJ1ベストイレブン選出の金崎の復帰を発表

ポルトガル2部リーグのポルティモネンセは14日、クラブの公式HPで日本代表MF金崎夢生(26)が同クラブに復帰することを発表した。金崎は昨季、J1リーグの鹿島アントラーズへ期限付き移籍していた。

昨年2月に鹿島へ期限付き移籍した金崎は、J1リーグで27試合に出場し、9得点を記録。ヤマザキナビスコカップでも5試合に出場して5得点を挙げる活躍を見せ、鹿島のタイトル獲得に貢献した。リーグ戦終了後には、Jリーグのベストイレブンにも初めて選出されている。

ポルティモネンセは金崎について、「日本の3クラブ、中国の1クラブ、ポルトガルの4クラブを含む欧州の6クラブが獲得に興味を示している」と伝えていたが、同クラブに復帰することで決着したようだ。

現時点で、鹿島からは期限付き移籍満了の発表が行われていないが、12日に発表された2016シーズンの2016シーズンの登録選手に、金崎の名前は入っていなかった。