通算100キャップのC・ロナウドをUEFAが表彰

100試合で37ゴールを記録
16日に行われたブラジル・ワールドカップ予選の北アイルランド戦で代表通算100キャップを達成したポルトガルFWクリスティアーノ・ロナウドに対し、試合前に欧州サッカー連盟(UEFA)から記念プレートとキャップが贈呈された。

ロナウドは2003年に代表にデビューし、これまでの100試合で37ゴールを記録。初ゴールはEURO2004グループステージのギリシャ戦だった。

現在27歳のロナウドは、ドイツのルーカス・ポドルスキ、エストニアのクリステン・ヴィイクマエに次いで3番目に若い年齢でこの表彰を受けた選手となった。

ロナウドは自らのフェイスブックで100キャップ達成について次のようにコメントしている。

「2003年8月20日のことはよく覚えている。A代表で初めてポルトガルのユニフォームを着たのはカザフスタン戦だった。僕の人生で最も記念すべき瞬間のひとつだ」

「ここまでの道のりを支えてくれた全ての人に感謝したい。昨日(16日)の試合では『100試合、世界最高の選手』という横断幕を掲げてくれたファンもいた」

ポルトガルの歴代最多キャップ数はルイス・フィーゴの128試合。通算ゴール数の最多記録は48点で、ペドロ・パウレタが保持している。このまま順調にいけば、ロナウドがその両方を更新する可能性は十分にありそうだ。