クアレスマがベジクタシュ退団濃厚に

契約延長を拒否しメンバー外
ベジクタシュMFリカルド・クアレスマはクラブとの契約延長が合意に至らず、退団が濃厚となっているようだ。

資金難に陥っているベジクタシュは、クアレスマに対して年俸を57万ユーロ削減しての新たな契約を提示し、サインを拒否した彼をトップチームから外したと報じられている。

「僕はベジクタシュのファンを愛しているが、監督とクラブは僕を必要としていない」とクアレスマはトルコ『ドアン通信』に対して語った。

クアレスマは2010年夏に移籍金730万ユーロでインテルからベジクタシュへ移籍。2シーズンで40試合に出場したが、今季のリーグ戦ではまだ出場がない。

ベジクタシュのフィクメト・オルマン会長は「現時点では彼のチーム復帰はあり得ないことだ」と話しており、今後も状況が改善されるかどうかは不透明だ。

ベジクタシュは今季のトルコリーグ7試合を終えて2勝2分け3敗で11位に位置している。