フッキ代理人、移籍を焦らず

「彼はカネでは動かない」
ポルトに所属するFWフッキは、今冬の移籍が噂されている。しかし、世界最高峰のビッグクラブに行く場合のみ、現クラブを去ることになるという。

ポルトは現時点でフッキの放出を検討していないようだが、ここ数カ月はチェルシーやパリ・サンジェルマンからの関心が頻繁に伝えられた。ポルトガル『ジョゴ』の中で、代理人のテオドロ・フォンセカ氏が、以下のように話している。

「私は、選手がポルトからの移籍を希望しているとは思わない。彼はクラブも街も好きで、満足しているよ。ポルトは、常に彼をリスペクトしてきた。彼はクラブと対立するような選手ではない。すべてクラブと一緒に決めていくことになる」

「すべての選手と同じように、彼もより魅力的なところで戦いたいと思っている。我々は、いつかクラブと話し合う。過去にデコやリサンドロ・ロペスにも訪れたように、サイクルの終わりはくるものだ。シーズンのはじめに、3つだけオファーがきた。しかし、フッキはすぐに断ったよ。どのチームも、ポルトよりも良い条件だった。しかし、彼はバルセロナや、チャンピオンズリーグで戦うことを望んだ。彼はカネでは動かない。スポーツ面での野心や愛情といったもので動く」

フッキとポルトは、2016年までの契約を交わしている。