フッキ代理人:「ポルトでうまくやっている」

将来的な移籍の可能性は否定せずも…
インテルからの関心が伝えられるポルトFWフッキの代理人は、選手はポルトを離れることに集中してはいないと主張している。

インテルは1月の移籍市場で新たなアタッカーの獲得を望んでいると言われており、フッキに関心を抱いていると伝えられていた。

フッキの代理人を務めるテオドロ・フォンセカ氏は、将来的な移籍の可能性を否定してはいないが、ポルトでうまくやっていると話している。

「彼はクラブの構造、街、ファンの愛情を好んでいる。お金では買えないものがあるんだ」とフォンセカ氏は、『アンテナ1』に語った。

「状況を分析し、家族のことを考える必要がある。フッキはポルトで本当にうまくやっている。プロフェッショナルとしても個人的にもね。それに彼の目標だったブラジル代表でもプレーしている」

「多くのクラブが打診をし、オファーを提示した。彼が話したように、彼の心はポルトにある。ただ将来のことは神のみぞ知る。明日何が起こるかは誰にも分からない」

フッキのポルトとの契約は、2016年までとなっている。