ゼニトDFにインテル、トッテナムなど興味

代理人が4チームの名を挙げる
ゼニト・サンクトペテルブルクのスロバキア代表DFトマーシュ・フボチャンの代理人は、プレミアリーグやセリエAの複数のクラブが同選手の獲得に興味を示していることを明らかにした。

イタリア『tuttomercatoweb』が、代理人ミハル・ホレシャク氏のコメントを伝えている。

「ニューカッスルとトッテナムが彼に興味を持っているが、我々はインテルやナポリとも連絡を取り合っている。トマーシュはトップクラスのDFで、欧州のビッグクラブでプレーできる選手だ」

「だが今は、(ルチアーノ・)スパレッティのチームに満足している。ロシア・プレミアリーグとヨーロッパリーグでの戦いに集中しているところだ」

フボチャンは2008年からゼニトに所属。2010シーズン、2011-12シーズンと連続でリーグ優秀選手に選出された。