【動画付き】ロシア移籍のエトー、早くもデビュー弾

途中出場で同点ゴール
インテルからアンジ・マハチカラへ移籍したFWサミュエル・エトーが、27日のロストフ戦でロシアでのデビューゴールを挙げた。アンジが移籍を発表してわずか4日、チームを救うゴールで早くも結果を残している。

エトーは58分に途中出場。チームはその後先制点を許したものの、80分にエトーのゴールで同点に追い付いた。エトーと同じく今夏加入のMFユーリ・ジルコフが左サイドを突破してクロスを送ると、ニアサイドに飛び込んだエトーがこれに合わせてネットを揺らしている。

そのままドローで試合を終えたアンジは、消化が1試合多いものの、首位CSKAモスクワに勝ち点8差の暫定4位につけている。エトーのゴール量産で上位進出といくだろうか?