エトーが親善試合で招集外 19日に決着?

17日もアンジ関係者と交渉
インテルFWサミュエル・エトーの獲得を目指すアンジ・マハチカラの関係者が17日、ミラノで再びインテルやエトー本人との会談に臨んだ。だが、この日も正式発表には至っていない。移籍決定は早くとも19日になりそうだ。なお、インテルはエトーを親善試合の招集メンバーから外している。

ミラノのホテルでエトーや代理人と会談に臨んだアンジ。年俸2000万ユーロと言われる高額オファーについて、エトー側とは合意に至っていると見られ、関係者は次のように楽観的なコメントを残している。

「まだ決まってはいないが、合意は本当にもうすぐそこだよ。我々はとても楽観している」

一方、インテルのマルコ・ブランカTD(テクニカルディレクター)は会談終了後、次のように述べるにとどまった。

「明日(18日)は何もしない。みんな休みなんだ。今日の時点では、エトーはインテルの選手だよ。合意は近づいているか? 様子を見よう」

インテルは18日、ミランやユヴェントスと対戦する親善試合「TIMカップ」に臨む。だが、エトーはこの試合の招集メンバーに含まれなかった。19日に正式発表されるかどうかは、まだ確実になっていないが、イタリアのメディアはエトーのアンジ移籍が確実と見ている。