クリッシト、エトーのロシア移籍を歓迎

「ロシアリーグの成長にとても良いこと」
インテルFWサミュエル・エトーのアンジ・マハチカラ移籍が騒がれる中、ゼニト・サンクトペテルブルクDFドメニコ・クリッシトは、エトーの加入がロシアリーグの成長につながるとの見解を示した。

今夏、ジェノアからルチアーノ・スパレッティ監督が率いるゼニトへ移籍したクリッシト。同じくイタリアからロシアへの移籍が注目されているエトーについて、クリッシトはイタリア『スカイ・スポーツ』の中で、次のように話している。

「このリーグはすごく成長しているところなんだ。エトーが来ることは、ロシアリーグにとって非常に良いことだろうね。ただ、ゼニトの選手としては、彼がイタリアに残ることを願っているよ」

「エトーの加入がロシアサッカーのクオリティー成長につながることは、間違いないだろう。アンジはとても難しい場所でね。僕らも1-0でやっと勝ったんだ。でも、彼らはすごく成長しているし、エトーのようなストライカーが加われば、もっと危険な存在となるだろうね」