ニュース ライブスコア

トルコの英雄ハカン・シュクール氏に逮捕状との報道 クーデター未遂に関与の疑い

元トルコ代表エースストライカーのハカン・シュクール氏に、逮捕状が出されたと報じられている。先月トルコで発生したクーデター未遂への関与が疑われているという。

トルコでは先月15日、レジェプ・タイップ・エルドアン大統領の政権転覆を企てる軍の一部勢力によるクーデター未遂が発生。すぐさま鎮圧される結果に終わったが、200人以上に及ぶ死者を出す惨事となった。

トルコでの報道として各国メディアが伝えたところによれば、ハカン・シュクール氏は「武装テログループの一員である」疑いがかけられているとのことだ。同氏は現在トルコ国内にはおらず、昨年家族とともにアメリカへ出国したとみられている。

ハカン・シュクール氏はガラタサライやトルコ代表でゴールを量産したストライカーで、トルコリーグと同国代表の歴代最多ゴール記録を保持している。2002年日韓ワールドカップではトルコの3位躍進に貢献し、国外でもインテルやパルマなどでのプレーを経験した。