R・カルロス氏、再びトルコで指揮官に

アクヒサル・ベレディイエスポルと契約
元ブラジル代表のロベルト・カルロス氏(41)が、トルコのアクヒサル・ベレディイエスポルの新指揮官に就任した。クラブが公式ウェブサイトで発表している。

2011年秋にアンジ・マハチカラでプレイイングマネジャーに就任し、翌年現役を引退したロベルト・カルロス氏は、2013年夏にシバススポルの指揮官に就任。だが、今季は低迷し、先月21日に辞任していた。

アクヒサル・ベレディイエスポルは、ロベルト・カルロス氏にとって指導者として3つ目のクラブとなる。契約は1年半。同クラブは現在、リーグ11位につけている。