フェネルバフチェ、ベルアンダ獲得から撤退

「継続的に要求を変えてきたため」
フェネルバフチェは30日、クラブの公式ウェブサイトで、モンペリエMFユネス・ベルアンダの獲得から撤退したことを明らかにした。

トルコへの移籍が注目されていたベルアンダ。一時はフェネルバフチェとの合意に達したと報じられた同選手だが、その後要求額を変えていたようだ。また、ニューカッスルにDFマプ・ヤンガエムビワを放出しているモンペリエも、移籍金を引き上げたと言われている。

フェネルバフチェはクラブの発表で、「クラブも選手も要求を継続的に変えていることから、我々は交渉から身を引くことに決定した」と説明している。

モンペリエのルイ・ニコラン会長は先日、インテルとベルアンダの移籍について合意したと話していたが、インテル側はこれを否定している。そのほか、同選手にはアーセナルやニューカッスルも関心を寄せていると言われる。