ハミト・アルティントップがガラタサライへ

4年契約で母国に戻る
ガラタサライは13日、レアル・マドリーからMFハミト・アルティントップ(29)を獲得したことを発表した。契約期間は4年となっている。

アルティントップは、昨年夏にフリーでマドリーと契約した。しかし、負傷にも悩まされ、ジョゼ・モウリーニョ監督の信頼を勝ち取ることはできず、ほとんど出番は訪れなかった。そのため、今夏の移籍が噂されていたところである。

同選手は、早い時期からガラタサライ行きが濃厚とみられていた。マドリーはアルティントップのほか、DFリカルド・カルバーリョ、MFフェルナンド・ガゴ、MFラッサナ・ディアラなどを放出リストに挙げているようだ。