スボティッチ&リャイッチ、セルビア代表から除外

アドフォカート監督が姿勢を批判
セルビア代表のディック・アドフォカート監督は、ボルシア・ドルトムントDFネヴェン・スボティッチおよびローマMFアデム・リャイッチが代表チームでのプレーに意欲的ではないとして、2人を今後招集しない方針を明確にした。

7月にセルビア代表の新監督に就任したアドフォカート監督。初陣となった9月のフランスとの親善試合には1-1で引き分けており、10月からEURO2016予選のスタートを迎える。

11日に行われるアルメニア戦、14日に行われるアルバニア戦に向けた代表メンバーを1日に発表した指揮官は、会見でスボティッチとリャイッチについて次のように述べた。『ロイター通信』などが伝えている。

「スボティッチとメールやテキストメッセージをやり取りした結果、彼が代表チームでのプレーを望んでいないと確信できた。そうであれば、チームの良い雰囲気を壊さないために、そういう姿勢の選手は遠ざけるのがベストだと思う」

「リャイッチは良い選手だが、メンタリティーが異なっている。私は正しいメンタリティーの選手たちを求めている。今までのところ、ほとんどの選手たちは代表入りを喜んでいる。私は代表チームに対して良い感情を持っていない選手たちを必要とはしていない」

スボティッチは2009年に代表デビューし、これまで36試合に出場。昨年9月以来代表ではプレーしていなかった。リャイッチは2010年にデビューしてこれまで9試合でプレー。9月のフランス戦には招集され、終盤に交代出場していた。