ゼニトがヴィツェルも獲得

CL登録に間に合わせる
3日にポルトからブラジル代表FWフッキの獲得を発表したゼニト・サンクトペテルブルクは、ベンフィカからMFアクセル・ヴィツェル(23)の獲得も決めた。ゼニトとベンフィカの両クラブが、ヴィツェルの移籍を認めている。

ゼニトは、今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)を戦い抜くために2人の獲得を決めたようだ。CLに参加する各クラブは、3日までに登録メンバーリストをUEFAに提出しなければならない。その目前に大物2人を獲得した格好だ。

ゼニトのスポークスマンは『ロイター通信』の中で、「2人とも5年契約にサインをした。CL登録の締め切りである9月3日までに決めようと動いていた」と話している。

ゼニトはヴィツェルを獲得するため、ベンフィカに対して契約解消に必要な違約金の4000万ユーロを支払うようだ。フッキと合わせて、8000万ユーロと報じられている。

ゼニトは今シーズンのCLのグループステージで、ミラン、アンデルレヒト、マラガと対戦する。