オランダ代表レンスがディナモ・キエフへ

移籍金900万ユーロでPSVを去る
PSVに所属するオランダ代表FWイェレマイン・レンス(25)が、ディナモ・キエフに移籍することになった。クラブの公式サイトで発表されている。

レンスは2010年からPSVでプレーし、2012ー13シーズンはリーグ戦で15ゴールをマーク。そのレンスを獲得するため、ディナモ・キエフは900万ユーロを支払うと、オランダ『Voetbal International』は伝えている。選手は4年契約を交わし、年俸は200万ユーロ程度になるようだ。

すでにメディカルチェックをパスしたレンスは、「ウクライナのリーグがオランダより劣っているということはない。僕はヨーロッパでプレーする。そして、良いプレーをしていれば、ルイス・ファン・ハール代表監督はチームに呼び続けると言ってくれた」とコメントした。

ワールドカップイヤーに母国を飛び出すことを選んだレンス。新天地にフィットできるだろうか。