エリクセン、ドルトムント関心の報道に…

「今はアヤックスで集中」
ボルシア・ドルトムントがアヤックスMFクリスティアン・エリクセンに関心を抱いているようだ。本人はドルトムントに好意的な姿勢を見せつつ、今はアヤックスでタイトル獲得に集中していると語った。

ドイツメディアによると、MFマリオ・ゲッツェがシーズン後にバイエルン・ミュンヘンへ移籍することになり、ドルトムントは後釜としてエリクセンに注目しているという。同選手は以前から今夏の去就が話題となっており、中でもリヴァプールが強い興味を寄せている。一部ではリヴァプール移籍で合意との報道もあったが、アヤックスはこれを否定した。

アヤックスはエールディヴィジ第31節を終え、PSVやフェイエノールトに勝ち点4差の首位に立っており、3連覇を目指しているところ。エリクセンはオランダ『AD』で、ドルトムントの関心について問われると、次のように応えている。

「(記事は)読んだよ。ドルトムントのようなクラブの関心が報じられるのは、素晴らしいことだ。でも、今は一つのことだけに集中している。僕はチャンピオンになりたいんだ。それから様子を見よう」

「何もなければ、僕は契約を延長するだろう。アヤックスには大きな借りがあるんだ。フリートランスファーで離れることはしたくない」